・・中学生@1年生の勉強の導き~やる気を育み、苦手・嫌いを克服・・


中学はいよいよ受験を意識した本格的な勉強が始まりますね。

中学での勉強は「英語」「数学」「国語」「理科」「社会」の5教科がメインで、模試や受験もこの5教科が基本となります。

内容も小学校よりさらにレベルアップしますし、各教科の個性もますます色濃くでてきますので、戸惑う子も少なくないです。

教科に慣れないうちに授業が進んでしまって、気がついたら嫌いな教科・苦手な教科になっていた。と、ならないようにしたいですね。

中学の勉強は、積み重ねが小学校のとき以上に大事です。

試験前の一夜漬けだけに頼るのではなく、毎日の勉強の習慣化が、今だけじゃなく、その後の成績の維持にも影響してくるでしょう。

毎日、自然に勉強できるような環境を用意してあげたいですね。

とはいえ、本当は環境の準備より大事なものがありますね。 つまり肝心なのは本人のやる気。ですね。

「やる気出して!」って言うだけで、やる気が出たら苦労しないですよね。

本人も頭では「勉強しなきゃ」と思ってるのに、やる気が出ない。 これって、大人でも悩むことありますよね。

「きっかけ」「簡単すぎない・難しすぎない題材」「喜び」

勉強を始める「きっかけ」、そして「簡単すぎない・難しすぎない題材」、さらにできたときの「喜び」がそろえば、やる気うんぬん言ってることもなく、スムーズに勉強が進むはずです。

いいサイクルができてくれば、最初は小さな「喜び」も、何日、何週間も続ける事で、「成績アップ」という「大きな喜び・達成感」につながるはず。

ですので、もしあなたの子が悩んでるのなら、あなたの子にとっての「きっかけ」「簡単すぎない・難しすぎない題材」「喜び」を一緒に見つけてあげましょう。

家庭教師のトライ
↑↑ クリック ↑↑
子供任せの勉強方法で大丈夫?
子供の将来のため、今できること・今しかできないこと


ピックアップ トピック

勉強に集中するってどういうこと?
勉強は、集中することが大事っていうけど、集中ってどういうこと?机の前に座ってじっとしてれば、「勉強してるね.....

100回書いたら・唱えたら覚えられる?
漢字を覚えるにも、英単語を覚えるにも、公式を覚えるにも、きっと100回くらい書いたり・唱えたりしたら覚えられるでし.....

英語は成績だけじゃなく、やっぱり話せるようにしたい!
学校での成績も大事ですが、せっかく学ぶ英語だから、使える英語・しゃべれる英語を身につけたいと願うのも自然なことですね。で.....

「勉強!勉強!」というばかりじゃ逆効果?
一言「勉強しなさい!」と言うだけで、子供が勉強してくれたら、苦労してないですね。「勉強!」「勉強!」と言う数もどんどん増えてい.....

性格が成績に影響するってホント?
子供によって性格はいろいろです。 何かにコツコツ集中して取組める子がいる一方で、活発でとにかく動き回りたい子もいます。 人気者には活発.....

Copyright © 2010-2011 苦手な勉強・科目の克服導~子供が悩んだらチャンス!興味を育むコツ. All rights reserved