・・「勉強!勉強!」というばかりじゃ逆効果?・・


一言「勉強しなさい!」と言うだけで、子供が勉強してくれたら、苦労してないですね。

「勉強!」「勉強!」と言う数もどんどん増えていくのではないでしょうか?

言うだけじゃ聞かないので、「勉強しないと、ごはん抜きよ!」みたいな、おどしやお仕置きとセットにしたり、逆に「勉強がんばったら、○○あげる」みたいなご褒美を用意したり。

でもね。 お仕置きやご褒美って、最初のきっかけとしてはいいかも知れませんが、持続させるのは難しいかも。

やってはみても、勉強に興味が持てないままでは、勉強の時間は、苦痛な時間を耐えるだけのものでしかないですからね。

またお仕置きやご褒美は、エスカレートさせなければ、だんだん効力がなくなっていくでしょう。

結局、子供がなかなか言うことを聞かないからといって、何もしないわけにもいかず、とにかく「勉強!勉強!」言い続ける。

子供も「勉強!勉強!」と言われれば、勉強はしなくても、ストレスは感じてるはず。

そのストレスで、ますます勉強を嫌いなものに、遠ざけたいものにしてしまうかもしれません。

それでは、逆効果ですね。

いっつも「勉強!勉強!」といい続けるより、子供が勉強のことで悩んだときに、アドバイスしたほうが、簡単に心に届きます。

例えばね、成績が悪くて落ち込んだときとかは、ある意味チャンス。 見逃さないで。 怒るだけじゃなく、どうすればいいかを一緒になって具体的に考えてあげるといいでしょう。


家庭教師のトライ
↑↑ クリック ↑↑
子供任せの勉強方法で大丈夫?
子供の将来のため、今できること・今しかできないこと


ピックアップ トピック

小学生@5年生の勉強の導き~興味を育み、苦手・嫌いを克服
小学5年生はいよいよ高学年。 勉強の内容も本格的になってきますね。いよいよ中学受験組はあわただしくなります。また中.....

小学校の国語の勉強の導き~興味を育み、苦手・嫌いを克服
国語って大切です。 基本的な国語の力が弱点のために、他の科目まで成績が上がらないということも。文章を読む力が備わってくれば、国語の勉強.....

中学生@3年生の勉強の導き~受験に向けて、苦手・嫌いを克服
いうまでもなく中学3年生は、高校受験を控えた大事な時期。 もう待ったなし。ですね。希望する高校を目指して、みんなが各々がんばってます。他のみんなもがんばる.....

高校生@3年生の勉強の導き~受験・希望の進路へ苦手を克服
高校3年生って、子供にとって、それまでの人生の中で一番がんばらないといけない年かもしれませんね。希望の進路目指して、みん.....

英語は成績だけじゃなく、やっぱり話せるようにしたい!
学校での成績も大事ですが、せっかく学ぶ英語だから、使える英語・しゃべれる英語を身につけたいと願うのも自然なことですね。で.....

Copyright © 2010-2011 苦手な勉強・科目の克服導~子供が悩んだらチャンス!興味を育むコツ. All rights reserved