・・高校生@1年生の勉強の導き~やる気を刺激、苦手・嫌いを克服・・


高校に入学すると、一旦、受験勉強からの解放された気分になり、つい一息ついている間に、勉強に遅れてしまうということも。

受験をパスしてきた同級生たちだから、中学のときに比べて、学力はの差は大きくないです。

油断していると、授業がどんどん先に進んで取り残されてしまうことも。

高校に入った安心感で、目標を失う事がないようにしたいですね。

受験という目の前の分かりやすい、勉強の動機があった頃と違って、なかなか勉強が手につかないことも。 受験勉強の反動でしょうか。

とはいえ、年齢的にもなかなか親の言うことが素直に耳に届きにくい時期。

勉強が手につかないからといって、「勉強!勉強!」というだけでは、煙たがられるか、かわされるだけですね。

でもね。高校の勉強は待ってくれません。 勉強の習慣化は必須。

またやりたいことは、勉強だけではないはず。 だから勉強は効率的に。ですね。

勉強するべき質や量が、中学のときよりアップしてますし、場合によっては中学時代の苦手だった部分の補強が必要になることも。

集中力と勉強のやり方が、やはり高校でも勉強のポイントになってきます。

「きっかけ」「簡単すぎない・難しすぎない題材」「喜び」

まずは勉強に夢中になるための「きっかけ」、そして「簡単すぎない・難しすぎない題材」、さらにできたときの「喜び」がそろえば、勉強がスムーズに進み、余計な雑念も減り、集中力はアップするはず。

いいサイクルができてくれば、最初は小さな「喜び」も、何日、何週間と続ける事で、「成績アップ」という「大きな喜び・達成感」につながり、その達成感が次のやる気や「きっかけ」に!

あなたの子が勉強のことで悩んだときがチャンス。 あなたの子にとっての「きっかけ」「簡単すぎない・難しすぎない題材」「喜び」を見つける手助けをしてあげましょう。

家庭教師のトライ
↑↑ クリック ↑↑
子供任せの勉強方法で大丈夫?
子供の将来のため、今できること・今しかできないこと


ピックアップ トピック

「勉強!勉強!」というばかりじゃ逆効果?
一言「勉強しなさい!」と言うだけで、子供が勉強してくれたら、苦労してないですね。「勉強!」「勉強!」と言う数もどんどん増えてい.....

性格が成績に影響するってホント?
子供によって性格はいろいろです。 何かにコツコツ集中して取組める子がいる一方で、活発でとにかく動き回りたい子もいます。 人気者には活発.....

小学生@1年生の勉強の導き~興味を育て・苦手をつくらない
入学して最初の頃は、まずは小学校の生活に慣れる事が1番ですね。小学校に慣れるのに失敗して、通学自体がイヤになっては、勉強だけの話ではなくなり.....

小学生@2年生の勉強の導き~興味を育て、苦手・嫌いをなくす
小学2年生くらいですと、クラスの中でも、できる子・できない子(やればできるけど やらない子)というのもじょじょに別れてくると思います。でもね。今「.....

小学生@3年生の勉強の導き~興味や得意を育て、苦手をなくす
小学3年生くらいですと、得意や苦手がでてきているかもしれませんね。また理科、社会が始まるなど、勉強にも期待と不安が。。。「勉強しなさい」だけじゃなく、目の.....

Copyright © 2010-2011 苦手な勉強・科目の克服導~子供が悩んだらチャンス!興味を育むコツ. All rights reserved