・・小学生@1年生の勉強の導き~興味を育て・苦手をつくらない・・


入学して最初の頃は、まずは小学校の生活に慣れる事が1番ですね。

小学校に慣れるのに失敗して、通学自体がイヤになっては、勉強だけの話ではなくなります。

小学校1年生だと、学ぶことのほとんどが、生活の中で大切なことばかり。

「ひらがな」や「数字」など、興味を育みながら、学んでいけるといいですね。

幼稚園や保育園、家庭の幼児教材、幼児向け塾などで、早くから勉強を始めてる子もけっこういますが、意外にそれほど慌てることはないかも。 今からでも大丈夫。

早く覚えていたことが油断になったり、逆に覚えるのが遅かったことが悔しさ・バネにつながることもあります。

大事なことは、興味をなくさないように、勉強がイヤにならないように心配りしてあげることでしょうね。

どういうことが興味につながる?

「字を読んだら、すごいねって褒められた」「計算ができたとビックリされた」そういう一つ一つの体験って、子供ってすごく喜びます。

時にしつこくて面倒に感じるかもしれませんが、子供の「できた!」を一緒に喜んであげることが、子供を伸ばすのには一番かもしれません。

子供の「できた!」を一緒に喜ぶことは、「勉強しなさい」の一言よりずっと、勉強への興味をかき立てるはずです。

家庭教師のトライ
↑↑ クリック ↑↑
子供任せの勉強方法で大丈夫?
子供の将来のため、今できること・今しかできないこと


ピックアップ トピック

小学校の算数の勉強の導き~興味を育み、苦手・嫌いを克服
算数を苦手にする子ってけっこう多いですね。小学校の算数は、社会でもどんどん使いますし、中学・高校で数学を学ぶためにもすごく大事.....

中学生@2年生の勉強の導き~やる気を助け、苦手・嫌いを克服
中学2年生くらいになるとだいたい成績も安定してきているのではないでしょうか?問題は、その安定してきたポジションが満足できるものかどうか。 しかも成.....

高校生@2年生の勉強の導き~やる気を刺激、苦手・嫌いを克服
高校の生活にも慣れ、生活にも一定のサイクルができあがっているでしょうね。 そのなかで十分な勉強はできてるでしょうか.....

100回書いたら・唱えたら覚えられる?
漢字を覚えるにも、英単語を覚えるにも、公式を覚えるにも、きっと100回くらい書いたり・唱えたりしたら覚えられるでし.....

性格が成績に影響するってホント?
子供によって性格はいろいろです。 何かにコツコツ集中して取組める子がいる一方で、活発でとにかく動き回りたい子もいます。 人気者には活発.....

Copyright © 2010-2011 苦手な勉強・科目の克服導~子供が悩んだらチャンス!興味を育むコツ. All rights reserved