・・性格が成績に影響するってホント?・・


子供によって性格はいろいろです。 何かにコツコツ集中して取組める子がいる一方で、活発でとにかく動き回りたい子もいます。 人気者には活発な子が多いですね。^^

勉強に向いているのは、コツコツ何かをするのが好きな子ですね。どちらかというと、おとなしく感じるタイプの子。 そういう子は、比較的スムーズに勉強に入っていけるでしょう。

逆に、活発な子ほど、じっと勉強してる事が苦手。 そういう子の場合、ただ「勉強しなさい!」と言うだけじゃ、なかなかうまく勉強を習慣にすることは難しいでしょう。

これは、能力の差というより、性格の差ですね。

でもね。 そのまま放っておくと、数日、数週間、数ヶ月後には、成績の差として表れてきます。

自分で勉強に入れる子はともかく、勉強することが苦手な子には、ちょっと手助けしたいところです。

元は同じ能力の子だとしても、勉強する・しないで、どんどん成績の差は開いていきます。 その結果、自信までなくし、ますます勉強嫌いになっては、先々の苦労が目に見えますね。

勉強は子供にとって必要なことです。 もし性格的に、一人ではスムーズに勉強に入れないなら、子供と一緒になって、子供が勉強できるように手助けしてあげましょう。

先送りするほど、成績の差は広がりますし、その結果、子供の苦労が大きくなりかねないです。

家庭教師のトライ
↑↑ クリック ↑↑
子供任せの勉強方法で大丈夫?
子供の将来のため、今できること・今しかできないこと


ピックアップ トピック

「勉強!勉強!」というばかりじゃ逆効果?
一言「勉強しなさい!」と言うだけで、子供が勉強してくれたら、苦労してないですね。「勉強!」「勉強!」と言う数もどんどん増えてい.....

小学生@2年生の勉強の導き~興味を育て、苦手・嫌いをなくす
小学2年生くらいですと、クラスの中でも、できる子・できない子(やればできるけど やらない子)というのもじょじょに別れてくると思います。でもね。今「.....

小学生@5年生の勉強の導き~興味を育み、苦手・嫌いを克服
小学5年生はいよいよ高学年。 勉強の内容も本格的になってきますね。いよいよ中学受験組はあわただしくなります。また中.....

小学校の国語の勉強の導き~興味を育み、苦手・嫌いを克服
国語って大切です。 基本的な国語の力が弱点のために、他の科目まで成績が上がらないということも。文章を読む力が備わってくれば、国語の勉強.....

中学生@3年生の勉強の導き~受験に向けて、苦手・嫌いを克服
いうまでもなく中学3年生は、高校受験を控えた大事な時期。 もう待ったなし。ですね。希望する高校を目指して、みんなが各々がんばってます。他のみんなもがんばる.....

Copyright © 2010-2011 苦手な勉強・科目の克服導~子供が悩んだらチャンス!興味を育むコツ. All rights reserved