・・小学校の算数の勉強の導き~興味を育み、苦手・嫌いを克服・・


算数を苦手にする子ってけっこう多いですね。

小学校の算数は、社会でもどんどん使いますし、中学・高校で数学を学ぶためにもすごく大事。

でもね。子供に「大事なんだよ!」「勉強しなさい!」だけでは、なかなかやる気は出ないでしょう。

算数が苦手・嫌いになりつつある子なら、なおさら反感の原因にもなりかねないです。

大切なのは「興味」。 そして「簡単すぎない・難しすぎない題材」。 さらに、達成できたときの「喜び」です。

3つがそろえば、きっと算数をもっと好きになって、得意になれるはず。

「興味」「簡単すぎない・難しすぎない題材」「喜び」

まずは、どうやったら算数に「興味」を持てるでしょうか?

もともと算数が好きでもない子に、教科書や問題集を手渡すだけでは、開く気にさえなれるかどうか。。。

最初のきっかけ作りに、ご褒美という手もありますが・・・。 でもね。たった1回ご褒美を用意したばかりに、それ以来、毎回ご褒美を期待されたら困りますね。

当たり前のことかもしれませんが、一緒に教科書や問題集を開いてあげるのが1番かも知れません。

教科書や問題集を開いたら、次の大事なステップです。

簡単すぎない・難しすぎない題材

勉強始めたとたん、何分考えてもチンプンカンプン・・・そんな難しすぎでは心が折れます。 頭の中は、すぐ別のことでいっぱいに。

では、簡単ならいいの? それもだんだん退屈になっていきます。 (そもそも簡単すぎることばかりじゃ、あまり勉強の意味がないですね。)


最後の大事なポイントは、できたときの「喜び」。 この「喜び」があれば、簡単すぎでも、多少難しくても、やる気は途切れないでしょう。

「喜び」とは? たとえばね。 「やったねっ!」と一緒に喜ぶことだったり、「すごいなぁ」と友達に感心されることだったり、がすごく効果的。

この課題ができた瞬間にタイムリーに褒められた「喜び」って、やる気にバッチリ効くんですよね。 照れ隠しに平静を装っていても、心の中ではニンマリ・ガッツポーズ。「よし!もっとがんばろっ。」てな感じ。

できたときの「喜び」は、できるだけスグのほうがいいのですが、次第に、成績アップとか少し後からくる「喜び」でも、やる気が続くようになるでしょう。

家庭教師のトライ
↑↑ クリック ↑↑
子供任せの勉強方法で大丈夫?
子供の将来のため、今できること・今しかできないこと


ピックアップ トピック

高校生@2年生の勉強の導き~やる気を刺激、苦手・嫌いを克服
高校の生活にも慣れ、生活にも一定のサイクルができあがっているでしょうね。 そのなかで十分な勉強はできてるでしょうか.....

高校生@3年生の勉強の導き~受験・希望の進路へ苦手を克服
高校3年生って、子供にとって、それまでの人生の中で一番がんばらないといけない年かもしれませんね。希望の進路目指して、みん.....

勉強に集中するってどういうこと?
勉強は、集中することが大事っていうけど、集中ってどういうこと?机の前に座ってじっとしてれば、「勉強してるね.....

100回書いたら・唱えたら覚えられる?
漢字を覚えるにも、英単語を覚えるにも、公式を覚えるにも、きっと100回くらい書いたり・唱えたりしたら覚えられるでし.....

英語は成績だけじゃなく、やっぱり話せるようにしたい!
学校での成績も大事ですが、せっかく学ぶ英語だから、使える英語・しゃべれる英語を身につけたいと願うのも自然なことですね。で.....

Copyright © 2010-2011 苦手な勉強・科目の克服導~子供が悩んだらチャンス!興味を育むコツ. All rights reserved