子供任せの勉強でホントにいいの? 子供だけでは気づきにくい勉強の落とし穴も。 勉強への集中度や、勉強の仕方をケアするために。

子供の成績アップも嬉しいけど、
ホントは満足気な子供の顔が、もっと嬉しい。
子供の性格にあった勉強方法ならね。

子供任せの勉強に限界を感じたら 塾vs家庭教師

「なかなか一人で勉強できない。」
「今のままじゃ、勉強が足りない。」
「子供の目標をもっと高くしてあげたい。」・・・

子供任せの勉強に限界を感じたとき、あなたならどうします? 塾? それとも家庭教師?

子供の性格は一人ひとり違います。 一人ですんなり勉強できる子もいれば、机に向かってるのが退屈でしょうがない子もいます。 これは能力の差というより、むしろ性格の違いです。 「勉強!」「勉強!」と繰り返すだけでは、かえって勉強が嫌いになるかも。

勉強に対して興味を見出す「きっかけ」を得られぬまま、苦痛の中で勉強していたら、子供にとってもかわいそうです。 そんな集中できない勉強では、かけた時間に見合った成績が期待できるはずもないですね。

さらに大事なのは、勉強への興味の「きっかけ」だけではありません。 勉強の取組み方、やり方にも、実は落とし穴が隠されてます。

机に向かっているようでも、直接成績に関係のないところに、妙にこだわって時間をムダにしてるかもしれません。 例えばね。ノートに書き込む文字の形にコダワッタリ、几帳面に文字を揃えることだけにコダワリ過ぎたり、・・・。 「勉強」のつもりで「キレイなノート作りだけ」をしていて、見た目は時間をかけて勉強してるのに、頭の中にはほとんど残ってなかったという場合も。

「勉強はしてるはずなのに、成績があがらない」 もしかしたら、勉強方法の単なる勘違いがその理由かもしれません。

子供の成績の悩みって、最初は能力の問題というより、勉強への取組み方の問題であることが多いです。

でもね。最初こそは、単なる勉強の上手・下手だけの違いでも。 その状態を放っておけば、数ヶ月、数年先には、絶望的な成績の差となってしまいます。 適切に勉強を続けた子は、どんどん力をつけて成績も伸ばしていきます。 そして、成績アップや能力アップの手応えは、次の「やる気」を生み出して、いいサイクルで回っていくはず。

ですので、子供の勉強をケアは、できるだけ早くが基本。 遅れたぶんだけ、力の差、成績の差を生むでしょう。

ところで、その子がハマってる勉強の落とし穴に気づいて、適切な勉強に導くには、塾のような集団教育では難しいと考えられます。 信頼できる先生の下、個人指導を受けたほうが確実でしょう。

塾を活かすのは、あなたの子供が適切なやり方で勉強ができるようになってから。

間違った勉強で、「時間は掛けてるのに成績が伸びない」と子供が自信を無くす前に、ケアしてあげましょう。 子供の未来は、今できるたった一つの行動にかかってるかもしれませんよ。

家庭教師のトライ
↑↑ クリック ↑↑
子供任せの勉強方法で大丈夫?
子供の将来のため、今できること・今しかできないこと

* * * * * * * * * * * * * * *

勉強の集中ややり方
勉強時間は十分とってるはずなのに、なぜか成績には出てこない。そんなときは、勉強のやり方が間違ってるかもしれません。また、イヤイヤやってて、机に向かってはいても、他のことばかり思い浮かんで集中できてないからかも知れません。これでは時間がもったいないですし、子供もかわいそうですね。

勉強って何のため?
勉強が嫌なとき、勉強が思い通りすすまないとき、つい考えるのが勉強って何のためにやってるの?という疑問。勉強がスムーズに進んでいるときはあまり考えないですね。上手くいってると考える必要ないですからね。そんな疑問が思いつかないくらい順調に勉強できるよう、適切な方法に導いてあげるというのも一つの答えかもしれないですね。

積み重ね
勉強は日々の積み重ねです。成績はその積み重ねたものの結果です。ですので、安定した成績を維持するには、日々の勉強を続けることが大事です。中には一夜漬けなどで結果を出す人もいますが、無理な勉強は長続きさせることが難しいです。できることを日々積み重ねるのが一番です。

勉強は大事だと思うけど・・・
勉強が大事ということは子供だって分かってるはず。時に反発して、反対のことを言うこともあるかもしれませんが、心の中では大事なことは分かってるはず。でも、なかなか勉強が手につかなかったり、思ったように勉強が進まなかったり。やる気ってむずかしいですね。迷子にはまった子供を上手く導き出してあげたいですね。

苦手な教科・嫌いな教科
誰でも多かれ少なかれ、苦手な教科や嫌いな教科があると思います。でもね。そんな苦手教科を避け続けてたら、ますます苦手になっていきます。苦手・嫌いに向き合って、問題を克服できれば、意外に得意教科にかわるかもしれません。最初の印象だけで好き嫌いを決めてしまってはもったいないです。適切な勉強方法で向かい合いましょ。

家庭教師のトライ
↑↑ クリック ↑↑
勉強の違い


家庭教師と子供の勉強

家庭教師vs塾@北海道

家庭教師vs塾@東北

家庭教師vs塾@関東

家庭教師vs塾@中部

家庭教師vs塾@近畿

家庭教師vs塾@中国

家庭教師vs塾@四国

家庭教師vs塾@九州

特集

リンクについて

| 勉強・教科・科目の苦手克服家庭教師vs塾

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちら (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2009-2012 家庭教師vs塾~成績アップは子供の性格にあった勉強法で~. All rights reserved